鍼灸と自然農法

鍼灸と自然農法には考え方において共通点が多いと感じています。

自然農法の考え方は、

土作りを重視し(不耕起など)、
雑草も適宜に生やし、
虫との共生を図り、
作物そのものが持つ生命力を引き出す。

つまり、「環境」を整えてあげることが、 自然農法のコアの考え方だと思うのです。

鍼灸治療も然り。

身体という環境を整えて、 病気に負けない身体をつくっていく。

西洋医学と近代農業。
鍼灸治療と自然農法。

医療と農業の抱える問題は、オーバーラップする部分が多々あると思うのです。
まだ言語化できていないですが、引き続き考えていきたいテーマです。

 

コメントを残す

このページの先頭へ