目標は達成されるべきもので、語られるものではない~『無趣味のすすめ』より~

目標は達成されるべきもので、語られるものではない。
達成のための努力を続けている人は、
他人に自分の目標について語るような時間的余裕はない。

いまだ達成されていない目標は、他人に語ることで意志が「拡散」する。
目標は自らの中に封印されていなければならない。
だから目標をもつのは基本的に憂うつなことなのである。

無趣味のすすめ/村上龍

☆★☆

過去の記事「完成まで胸にしまっておく」と同じような内容ですが、
自分が達成したいこと、目標や夢は、
胸に秘め一人静かに粛々と前進している時にエネルギーが圧縮されるようです。

外界の雑音をシャットアウトし、
一人で過ごせる静かな時間を確保することは絶対に必要です。

真夜中に、ウイスキーのロックと共に、人生戦略を練り上げる。
至福のひと時です。

コメントを残す

このページの先頭へ