安楽死の是非

安楽死に積極的に賛成というのではないが、
患者の苦しみが非常に強いとき、

その苦しみを長引かせても生きさせることに集中している
現在の医療に疑問をもつのである。

『柳澤桂子 いのちのことば』

☆★☆

一日でも長く生きて欲しい。
偽らざる願いです。

早くこの苦しみから自由になって欲しい。
これもまた、偽らざる想いです。

☆★☆

柳澤桂子 いのちのことば/柳澤 桂子

コメントを残す

このページの先頭へ