不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間

私は、人間には二通りあると思っている。
不利な状況を喜べる人間と、喜べない人間だ。

– 『決断力』羽生善治 –

☆★☆

不利な状況に立たされた時に、
出来ることなら その場から逃げ出したい。
本音です。

いっぽう、不利な立場で緊張感に満ちた状況に
いつまでも身を置いていたい。
これも本音です。

不利な状況に立たされた時に、状況を打破するために 集中して考え、
あらゆる可能性を探ります。

アタマとカラダはフル稼働している。
その感覚は気持ちの良いものです。

決断力 (角川oneテーマ21)/羽生 善治

コメントを残す

このページの先頭へ