一歩一歩、進むしかない

バイクやトラクターのエンジンだって、
初めて蓋を開けたときは絶望的なほど複雑に見えるのだ。

分解していくうちに、ひとつひとつの部品の機械全体の中での働きが
見えるようになってくる。
それさえわかれば機械そのものを思い通りに改造することが出来た。

『奇跡のリンゴ』 石川拓治(著)

 

☆★☆

自然の叡智には、人智が及びませんが、
人間が作り出したもの、機械やシステムの仕組みや仕掛け、
学問体系は、勉強すればやがて理解できるようになるものです。

初めて学ぶ分野で、
膨大な知識群、圧倒的な情報量を目の当たりにすると
くじけそうになりますが、なんとかなるものです。

コメントを残す

このページの先頭へ