ヨーガ入門 ~自然治癒力に身をゆだねる~

現代医術は、病気を治そうとするから治せないのです。
病気は、治るべきもので、治すべきものではありません。

人体という機械は、地上最高の精密機械で、
自分の故障は、自分で修理する能力、仕組みを持っています。

これを自然治癒力と呼ぶなら、

病気を治すことのできるものは、
この自然治癒力のほかにありません。

『ヨーガ入門』 佐保田鶴治

☆★☆

風邪をひいたら風邪薬。
熱が出たら解熱剤。
胃腸薬、頭痛薬、目薬、下剤・・・。

私たちは、カラダが不調になると、
お手軽な「薬」を多用しますが、
本来、カラダが持つ自然治癒力に身をゆだねたほうが
カラダへの負担は少なくなります。

熱や痛みは、カラダが発する声です。
発熱や痛みにも意味があるのです。

あわてないこと。

風邪を引いたら、温かいスープを飲んで、ゆっくりと休む。
これだけで十分です。

コメントを残す

このページの先頭へ