東洋医学と西洋医学

東洋医学と西洋医学。
どちらが優れているのか、

どちらの方法を治療法として採用するのか、
という議論はあまり意味がないと思う。

どちらでも良いと思う。
治ればよいし、治せればよい。

そのために治療家は解剖学や生理学等の知識、
経絡や経穴、陰陽、易経などの知識、

東西に関係なく、何百、何千というフィルターを構築しておく必要があるのだろう。

コメントを残す

このページの先頭へ