余命3ヶ月、と宣告されたときに何を思うか

余命3ヶ月、と宣告されたときに
はたして自分は何を考え、何をするのか。
想像することは無駄ではない。

– 筆者 –

☆★☆

あなたも、私も、そしてあなたの大切な人も。
生命を終える瞬間は必ず訪れます。

同じ時代に生まれ、同じ空間を共有している。
奇跡といってよいと思います。

誰にでも平等に訪れる「死」に真摯に向き合った時
人に対して、命に対して優しくなれるような気がします。

コメントを残す

このページの先頭へ