うつ病と戦っている人への往復書簡

苦しい。

このような気持ちがずっと続くのかと思うと、死にたくなる。

将来への希望なんて、ゼロだ。

とにかく、焦る。
なにに焦っているのか。
わからない。

眠りにつく。
明日はどうなるのか。
いっそ、このまま朝が来ないでほしい。

苦しまずに死ぬための方法を考えてみる。

首を吊る。

ロープが首に食い込む時、のどぼとけを圧迫して苦しくなる。

そもそも、首吊りでちゃんと死ねるのか?
しくじって脳に障害が残って、手足が動かなくなる。そういう生活は避けたい。

いつのまにか、眠くなる。
眠剤が急激に意識を底に沈める。

遠のいていく意識の中で、なにも考えられなくなる。

午前2時。
今夜も悪夢が襲う。

コメントを残す

このページの先頭へ