沖縄県那覇市の鍼灸師、與儀 修です。

自殺に至るうつ病は、世の中で最もつらい病ではないでしょうか。

たとえ病の中にあっても、将来に対する「希望」があれば乗り越えていける。

生きる希望がある限り、人間はかんたんに死ねない。

昨日よりも今日、今日よりも明日、少しでもよくなりたいという想いが、

私たちのカラダの自然治癒力を高めるのです。

少しずつでもいい。決して焦らずに。

病を見つめ、カラダからの声に耳を傾け、

共に病を乗り越えてみませんか?

@OsamuYogi

このページの先頭へ